25歳の平均年収は344万 必要な貯金額は130万円 - 20代の平均年収

こんにちは Yaji(@nisa_from_20s)です。

20代に月当たりのオススメ投資額は3.3万円と紹介しました。

20代の給与ってどのくらいなの?

自分の給与の立ち位置を把握して、必要であれば支出の削減をした方がいいね!
スポンサーリンク

25歳の平均年収は344万 必要な貯金額は130万円 - 20代の平均年収

給与の平均を調べるのには、国税庁が調査している「民間給与実態統計調査」という、給与の調査があります。

いわゆる額面と言われる、税金や保険料が引かれる前の金額が下記になります。

年齢 平均 男性 女性
20~24歳 262万 279万 243万
25~29歳 361万 393万 318万
30~34歳 407万 461万 315万
35~39歳 442万 517万 313万
また、民間の転職サイト「doda」の調査によると、年齢別で見ると、
年齢 平均年収
全体 男性 女性
20歳 268万 291万 250万
21歳 272万 294万 253万
22歳 277万 290万 265万
23歳 292万 306万 279万
24歳 320万 335万 304万
25歳 344万 360万 325万
26歳 363万 380万 338万
27歳 377万 398万 347万
28歳 390万 412万 354万
29歳 404万 426万 365万

350~400万円が20代後半の平均年収と言えるでしょう。

  • 25歳を例にして手取りを計算してみよう

25歳を例にとって、考えて見ましょう。実際にの手取り額は「額面」×0.8が目安ですので、

344万 × 0.8 = 275万 が手取り額(ボーナス含む)と思われます。

手取り: 275÷12=22.3万円

ボーナスを月あたりに均して計算したところ、手取り22.3万が平均ということになります。

  • 支出は、性別、地域、実家or1人暮らし、車の有無、保険 etc…条件が多い

僕は25歳頃は、「関東でひとり暮らし」という最もお金の掛かりそうな条件にいました。

実家暮らしがとても羨ましく思っていましたが、羨んでも仕方がありません。

収入が平均以下や、1人暮らしの人でも支出を見直すことで、十分投資に回すことが出来ます。

まずは、家計簿をつけてみましょう。

  • 投資を始める際に必要な貯金は手取りの6ヶ月分

投資を始めるのに、借金をして始める人はいないと思います。

さらに、せっかくつみたてNISAでつみたて投資を始めたとしても、急な出費で投資商品を売り払うことになったら意味がありません。

(物によっては売買手数料が掛かる分無駄)

急な入院や出費に対応する為に必要な額の目安は約6ヶ月分といわれていますので、22.3 × 6=137万ですので、まずは130万円の余裕資金を蓄えましょう。

  • まずは固定費の見直しを

食費を今月から半分にしよう!なんていうのは、ストレスが溜まるし、長続きしないでしょう。

僕はスマホを格安SIMにするだけで月-1万円することができました。

 

まとめ
  • 25~29歳の平均年収は361万 自分の立ち位置を確認しましょう。
  • 自分の支出を見直して、まずは手取り6ヶ月分の貯金をしよう。
  • 固定費を抑えて、月3.3万円をつみたてNISAで投資をしよう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事