eMAXISとeMAXIS slim(イーマクシススリム)の違いを解説

こんにちは、Yaji(@nisa_from_20s)です。

eMAXISとeMAXIS slim(イーマクシススリム)の違いを解説します。

 

  • 結論としては、eMAXIS slimの方が低コストで優れています

 

この記事を読めば、eMAXISとeMAXIS slim(イーマクシススリム)の違いとその理由が分かります。

 

スポンサーリンク

eMAXISとeMAXIS slim(イーマクシススリム)の違い

 

  • 信託手数料の差

 

もっとも大きな差は、信託報酬になります。

同じ指数(投資先)に投資する場合、リターンの差に影響するのは、ファンドの信託報酬の差です。(もちろん、低コストであればあるほど、良い)

 

例えば、先進国株式インデックスで比較してみると、

 

先進国株式インデックス eMAXIS eMAXIS slim
信託報酬 0.66% 0.10989%
設定日 2009.10.28 2017.02.27
純資産額 423.47億円 657.15億円
指数 MSCIコクサイ・インデックス

 

eMAXIS slimの方が、後で設定されたファンドですが、純資産はeMAXISの方が上回っていることが分かります。

また、同じ指数への連動を目指している両銘柄ですが、信託報酬には、「0.55%」の差があります。

長期で運用するばあい、この信託報酬の差がリターンへ効いてきますので、絶対に「eMAXIS slim」の方を選ぶべきです。

 

  • なぜ、信託報酬に差があるのか。

 

両者には、販売体系に違いがあります。

eMAXIS ・・・「店舗型の販売窓口」 手数料高

eMAXIS slim ・・・「ネット証券」 手数料安

という大人の事情があります。

窓口販売だと、人件費がかかるため、手数料が高くなってしまう傾向にあります。

そんな中、信託報酬引き下げが主流の現在、最安水準を目指す、「eMAXIS Slimシリーズ」をリリースしました。

中身は同じ商品ですので、「Slimシリーズ」の方を選びましょう。

長期での運用だと、信託手数料の差が大きく結果に影響しますので、「店舗型で多くお金を払いたい」という稀な人以外は、気をつけましょう。

そもそも、ネット証券の方が取り扱い商品が多く・ポイントサービス等おすすめできる点が多いです。

 

スポンサーリンク

それでも、eMAXISの純資産が減らない理由

 

圧倒的に「Slimシリーズ」の方が低コストなのですが、それでも「eMAXIS」の純資産が減らないのは、

日本人が、窓口で勧められる商品を買ってしまうからなのでしょう。

窓口で商品を勧めてくる人が喜ぶのは、「手数料が高い商品が売れたとき」ということを覚えておきましょう。

「あなたが儲かった時」ではありません。

あなたの家族や友人が、高い手数料のものへ投資を行っていたら、教えてあげてください。

 

それでも、「Slimシリーズ」が安いコストで運用できているのは、裏で「eMAXISシリーズ」が売れているからかもしれませんが。。

 

おすすめのネット証券

 

投資信託で100円に付き1pt(=1円)のポイントが付く楽天ポイントが現状もっとも御得です。

楽天証券
積み立て投資でポイントを貯めて、再投資しよう
楽天証券では、投資をしながらお得にポイントを貯めることができます。
つみたてNISAでも、ポイントが貯まりますので、投資初心者が一番最初に開設すべき証券口座です。

 

もちろん、「Slimシリーズ」全ての取り扱いがあるので、安心して低信託報酬で投資を行えます。

 

  • 関連記事

 

投資ブロガーのまとめアプリ
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事