eMAXIS Slim(S&P500)と楽天・全米株のどちらがオススメか【比較】

こんにちは、Yaji(@nisa_from_20s)です。

米国市場へのオススメの投資信託としては、以下の2銘柄が2019年時点ではオススメに挙がります。

どちらがオススメか紹介します。

結論から言うと、どちらを買ってもほとんど差はありません。

理由は、これまでのリターンはほとんど差が無い為です。

 

(追記)

eMAXIS Slim(S&P500)の信託報酬の引き下げが発表されました。

 

スポンサーリンク

eMAXIS Slim(S&P500)と楽天・全米株のどちらがオススメか【比較】

 

  • 投資先と信託報酬の違い

 

この2銘柄は、米国が投資先である点は共通ですが、投資範囲が異なります。

 

ファンド名 信託報酬 投資先 純資産 つみたて設定件数
楽天・全米株式インデックスファンド 0.162% 約4,000銘柄 501.07億円 2位
eMAXIS Slim 米国株式(S&P) 500 0.0968% 500銘柄 247.1億円 3位

 

楽天・全米株式は、米国全体へ

eMAXIS Slim(S&P)は、大企業500社への分散投資という違いが有ります。

どちらも米国市場に投資する銘柄としては、最安水準かつ、純資産も十分でありますので安心して投資できます。

    どちらも楽天証券のつみたて設定ランキングベスト3に入る投資家に人気のファンドです。

    スポンサーリンク

    パフォーマンスの差はほとんどありません

     

    青色の線がeMAXIS Slim(S&P)、赤が楽天・全米株式です。

    パフォーマンスの差はほとんど無いと考えています。

    若干、eMAXIS Slim(S&P)のほうが上回っている程度です。

    これが、つみたてランキング2,3位で僅差の理由です。

    どちらもかなり優秀で、差はほとんどありません。

     

     

    選ぶポイントは分散度

     

    私は信託報酬の差で選んでいますが、分散度の差で選ぶのも選択肢のひとつです。

     

    ファンド名 投資先
    楽天・全米株式インデックスファンド 約4,000銘柄
    eMAXIS S&P 500 500銘柄

     

    これまでのパフォーマンスは差異は無かったのですが、今後を考えると

    楽天・全米株式インデックスファンドのほうが、分散度が高い分リスクが小さいと考えられます。
    (1社の株価が暴落しても、他の3999社からするとほとんど影響はありません)

    eMAXIS S&P 500は組み入れ銘柄が少ないですが、これからも成長し続けていく企業(IT関連)が多いですので、リターンが大きいくなっていくでしょう。

     

    リスク リターン
    楽天・全米株式インデックスファンド
    eMAXIS S&P 500

     

    今後のパフォーマンスもずっと同じと言うことはないので、個人で許容できるリスクを考えて選びましょう

     

    • 関連記事

    米国株で最安水準の銘柄が新たに追加されました。

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事