Funds(ファンズ)はなぜ人気なのか??つみたてNISAと組み合わせて運用しよう

こんにちは、Yaji(@nisa_from_20s)です。

今人気の「Funds」は、個人向け社債で、自分のお金を貸して利息を付けて、返してもらうという金融商品です。

スポンサーリンク

Fundsとは

 

 

 

  • 個人向け社債とは

 

オンライン貸付投資の「Funds」が今オススメです。

貸付ファンドとは、利回りと運用期間が予定された金融商品です

私たち投資家はfundsに出資(1円から可能)し、fundsから企業へ出資し、特定の期間後に利息を付けて返してもらうという商品です。

 

私たちが、消費者金融にお金を借りると利息を付けて返しますよね?

この商品は逆で、私たちが貸付を行い、利息を貰う商品です。

 

  • 利回りや募集金額はさまざま

 

わずか31秒で、募集定員を達成した案件はこちら。

 

4ヶ月で利回りが6%とかなり高い&資金拘束の期間が短いこともあり、一瞬で締め切りになりました。

こちらは既に分配を終わっており、出資者は運用益を受け取っています。(税金を引いた額が振り込まれます。)

銀行に預けているだけのお金は、利息はほぼ付きません。

fundsであれば、「利回り1.5%~6%の商品」を小額(1円~)でも投資できるためオススメです。

 

スポンサーリンク

なぜ、つみたてNISAと組み合わせると良いのか

 

  • つみたてNISAと相互補完の関係

 

つみたてNISAは、株式への投資が主になります。

株式は、価格の上下を伴いながら、成長をしていく金融商品に分類されます。

つまり、つみたてNISAでは、ある期間では、損失を出している期間ももちろんあります。

その一方で、「Funds」では、決められた期間であらかじめ決まっている利息を受け取ることが可能です。

 

  • じゃあ、Fundsだけでいいのではないか?

 

と、考えるひともいるかと思います。

ですが、資産運用はリスク分散が必須です。

つみたてNISAで、市場に広く分散投資し利益を受け、Fundsでは、特定の企業へ貸付し利息をもらうという補完関係にあります

つみたてNISAでは、月3.3万円が投資の上限です。

ボーナスなどの余剰金を、銀行においておくのでは無く、貸付し、お金に働いてもらい、利息を受け取るといった点でも、相性が良いです。

 

Fundsのリスクとは

 

貸したお金が返ってこなくなるのは、買い付けた先の企業が倒産した場合です。

そんなことになれば、中間業者のfundsの信頼も失墜しますので、徹底的に審査を行っており、倒産リスクが少ない商品を公開しています。

貸し付ける際に、想定されるリスクやどのような企業なのかは、fundsが調査しまとめています。

 

リスクの例

どのようなリスクが想定されるか分からない初心者には、リスクとリターン、運用期間があらかじめ把握することができる為オススメです。

貸付ファンドは資産運用としては、ミドルリスクミドルリターン商品です。

「預金の利息では満足できないけど、既に株への投資を行っていて分散投資したい。」

そんな人にオススメの資産運用です。

 

ここでも、株よりもリスクを抑えられている点でも、つみたてNISAと相性が良いことが分かります。

 

まとめ

Fundsは、株式投資とは違う性質を持っています。

リスク度合いや決められた利回りでの運用ができるため、資産運用のひとつとしてオススメできます。

また、手数料が0であることも安心できる点です。

あなたの資産運用のひとつに加えてみるのはどうでしょうか。

注意点

申込みが先着順ですので、まずは無料なので口座開設をオススメします。

まずは会員登録しておくことをオススメします。

また、FUNDSのリスクも下記記事で解説しています。

 

  • 関連記事

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事