ふるさと納税で賢く節税 【徹底解説】

どうも、Yaji(@nisa_from_20s)です。

ふるさと納税とは、実質負担2,000円で様々なお得な返礼品が貰える制度です。

どういう制度なのか、どのくらいお得な制度なのかを解説します。

CMでも良く見るけど、なんだか面倒くさそうだよ。。

申し込みは全部インターネットでできるし、毎年お得な返礼品がもらえるお得な制度だよ!
スポンサーリンク

ふるさと納税で賢く節税 【徹底解説】

そもそも「ふるさと納税」とは、今は都会に住んでいても、自分を育んでくれた「ふるさと」に、自分の意思で、いくらかでも納税できる制度があっても良いのではないか!

という、発想から生まれた制度です。

自分の故郷以外でも、寄付金の使い道に賛同できる自治体や、返礼品に魅力がある市町村にも寄付が出来る制度です。

  • 寄付といっても、翌年の税金から控除される!

例えば、今年4万円のふるさと納税をしたとすると、来年度は実質負担2,000円を引いた、38,000円が住民税から控除されます。

4万円で寄付をすると、返礼品が様々もらえますから、実質2,000円で肉や、米、魚など地域の特産品を貰うことが出来ます。

今年私が寄付した、自治体の返礼品がこのお肉です!15,000円 (控除される)でこのボリューム!

国産の豚で、味もスーパーに売っているものとは比べ物にならないくらいおいしかったです。(量が多すぎて、冷凍保存していますが笑)

その他はお米15kgが15,000円などなど!(おすすめ商品は最後に紹介しています)

このようなお得な商品が実質負担2,000円で貰うことができます。

さらに、ふるさと納税を楽天から行うと、ポイント還元で6,000円分ポイントが付きました。

実質負担2,000円どころか、なんとプラスになってしまうんです!

スポンサーリンク

ふるさと納税を利用するには

お得な制度ですし、利用方法も至ってシンプルです!

    1. 自分の寄付上限額を確認
    2. 上限を超えない分の商品を申し込み(5自治体まで)
    3. 返礼品と書類を受け取る
    4. 税金控除の手続き(簡単)

    以上です! 2時間もあれば、商品選びまで含んで、②の申し込みまで完了しますよ!

    2時間で数万分もお得に節約&節税+数千ポイントゲットできるのですから、今までやってなかった事を激しく後悔しました。

    (実質無料で商品を選べるのですから、何より楽しいです笑)

    それでは、少し細かく確認していきましょう。

    • 1.自分の寄付上限額を確認

    寄付上限額は、収入と家族構成によって決まっています。

    下記の表と(注)を読んで、自分の寄付上限を確認してみてください。

    ふるさと納税を行う方本人の給与収入 ふるさと納税を行う方の家族構成
    独身又は共働き 夫婦 共働き+子1人(高校生) 共働き+子1人(大学生) 夫婦+子1人(高校生) 共働き+子2人(大学生と高校生) 夫婦+子2人(大学生と高校生)
    300万円 28000 19000 19000 15000 11000 7000 -
    325万円 31000 23000 23000 18000 14000 10000 3000
    350万円 34000 26000 26000 22000 18000 13000 5000
    375万円 38000 29000 29000 25000 21000 17000 8000
    400万円 42000 33000 33000 29000 25000 21000 12000
    425万円 45000 37000 37000 33000 29000 24000 16000
    450万円 52000 41000 41000 37000 33000 28000 20000
    475万円 56000 45000 45000 40000 36000 32000 24000
    500万円 61000 49000 49000 44000 40000 36000 28000
    525万円 65000 56000 56000 49000 44000 40000 31000
    550万円 69000 60000 60000 57000 48000 44000 35000
    575万円 73000 64000 64000 61000 56000 48000 39000
    600万円 77000 69000 69000 66000 60000 57000 43000
    625万円 81000 73000 73000 70000 64000 61000 48000
    650万円 97000 77000 77000 74000 68000 65000 53000
    675万円 102000 81000 81000 78000 73000 70000 62000
    700万円 108000 86000 86000 83000 78000 75000 66000
    725万円 113000 104000 104000 88000 82000 79000 71000
    750万円 118000 109000 109000 106000 87000 84000 76000
    775万円 124000 114000 114000 111000 105000 89000 80000
    800万円 129000 120000 120000 116000 110000 107000 85000

    (注)・夫婦はどちらかが扶養

      ・中学生以下の子供は(控除額に影響がないため)、計算に入れる必要はありません。

    例えば私の場合
    ・共働き+子供1人(中学生以下)
    ・年収430万
    ですので、上の表から45,000円が寄付上限であることが分かります。
    寄付金が分かったので早速、寄付(商品)を申し込みにいきましょう。
    • 2.上限を超えない分の商品を申し込み(5自治体まで)

    次は実際に商品を選んでいくわけですが、選べる自治体は5自治体までです。

    というのも、ワンストップ特例制度という簡単に税控除手続きができる制度を利用するためです。

    ワンストップ特例制度を使えばふるさと納税の確定申告が不要になる制度で書類を送り返すだけで手続きが終わります!

    ワンストップ特例制度を使えるのは下記に当てはまる方!!

    • 確定申告が不要な給与取得者の方(会社勤めのサラリーマン)
    • 年間5つ以内の自治体に寄附する方

    個人事業主等で自分で確定申告している人以外はワンストップ特例制度を使いましょう!

    • 楽天で商品えらびをしよう

    私は楽天のふるさと納税サイトを利用しています。購入した商品にポイントが付きますので、実質負担分も無く、

    むしろポイントでプラスになってお得になります!!

    おすすめ商品は最後に紹介しますが、まずはランキング等から気になる商品を見てみましょう!

    楽天ふるさと納税返礼品ランキングはこちら!!

    • 注意点

    申し込みする際に、必ずワンストップ制度を要望するにチェックを入れてください。

    入れ忘れると、控除の対象外になる可能性があります。

    • 3.返礼品と書類を受け取る

    サイトから注文後、商品と書類が届きます。

    届く月を指定できるものや、購入の翌月来るものや、注文後すぐ来る物など

    様々でしたので、確認して受け取るようにしましょう。

    • 4.書類を返送する

    届いた商品と一緒or書類だけ別で届くと思います。

    書く内容は、

    ・マイナンバー

    ・寄付額

    後は、項目にチェックを入れるだけの書類が来るので、簡単に終わります。

    その他必要書類は、A~Cパターンのいずれかの身分証が必要になります。

    Aパターン Bパターン Cパターン
    マイナンバーカード(表面)のコピー

    マイナンバーカード(裏面)のコピー

    次のうちいずれか1点のコピー

    ・マイナンバー通知カード

    ・マイナンバーの記載されている住民票

    次のうちいずれか1点のコピー

    ・運転免許証

    ・パスポート

    次のうちいずれか1点のコピー

    ・マイナンバー通知カード

    ・マイナンバーの記載されている住民票

    次のうちいずれか2点のコピー

    ・健康保険証

    ・年金手帳

    ・提出先自治体が認める公的書類

    マイナンバーカードを持っている方は、Aが簡単ですね。

    僕は発行していないので、B書類を発送しました。

    2020年の1月10日までに必着で送付する必要がありますので注意してください。

    ちなみに、控除される税金は翌年6月から翌々年の5月までに分割で控除されますので、

    給与明細や住民税の通知を受け取ったら確認してみてください。

    ふるさと納税の流れ
    • 楽天ふるさと納税でお得にポイントを貯めよう。
    • ワンストップ特例制度で簡単に寄付しよう
    • 2020年1月10日までに書類を送りましょう

    ふるさと納税おすすめ商品

    私は今年は、米25kg分とお肉3.6kg分を寄付の返礼品としていただきました。

      

    どちらも、量が多いですが、味もとてもおいしくて、来年もリピートしようと考えています。

    ふるさと納税の返礼品のオススメはやはり

    都城産豚「高城の里」わくわく3.6kgセットですね

    いつ見てもランキングの上位に入っているので、まず間違いないです。

    豚肉セット(ロースとんかつ/豚バラ焼肉/豚肩ローススライス/切り落とし/ロース・バラしゃぶしゃぶなど

    欲張りセットでした。特にとんかつはとんかつ屋さんで食べるものより美味しかったですよ!!

    あとは、必ず買うと思われるお米をふるさと納税で貰うことで、食費をおさえることができますよね!

    お酒を飲む方は、ビールやその地域の地酒なんかもあるので、ぜひお得にゲットしましょう!

    気になる点

    会社に提出したりする必要はあるの?
    ないです。ワンストップ特例制度を使うことで翌年の住民税から自動的に控除されます。
    ふるさと納税は生まれ故郷の自治体以外にもできますか?
    もちろんできます。使い道を公表している自治体も多いので、子育て支援など自分の思い思いの
    自治体に寄付しましょう。

    ふるさと納税で日本を元気に!

    自分のふるさとだけでなく、応援したい地方自治体、魅力のある返礼品を用意してくれる自治体など、

    日本中の市町村に寄付が可能です。

    僕はこの制度で、納税者は地方行政への関心と参加意識を高めることが出来ると思いますし、

    自治体は自ら税の使い道を公表し、実行していく必要がでてくる。

    お互いを高めあっていくことが出来る制度だと思います。

    お得に返礼品やポイントがゲットできるだけではなく、日本を元気にすることができる

    制度だと思いますので、ぜひ参加していきましょう!!それでは!

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事