ギフティ(4449)のIPO分析【SNSと相性が良く将来性○】

こんにちは、Yaji(@nisa_from_20s)です。

 

 

 

 

2019年9月20日に新規上場が決まっている、「giftee (ギフティ)」の解説です。

結論は、オススメ度は高いです。事業内容に将来性があります。

上場までの日程と事業の将来性を解説します。

 

スポンサーリンク

ギフティ(4449)のIPO分析

 

  • 上場までの日程

 

9月の頭から、申し込み期間が始まるので、忘れずに申し込みをしましょう。

9/19日が上場日です。当選後、初値売りする場合は、こちらも忘れずに。

9月 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
  申し込み期間
当落 購入期間
上場

 

  • 証券会社

 

主幹事は、野村証券です。

オススメは、野村証券か、SBI証券です。

主幹事 野村証券
証券会社 SBI証券
マネックス証券
松井証券
DMM.com証券

 

スポンサーリンク

ギフティの事業内容と将来性

 

  • ギフティの事業内容

 

企業のビジョンは、

ギフトで、「人と人」「人と企業」「人とまち」をつないでいく。

実際の事業としては、eギフトサービスを行っており、メールやSNSでやり取りされる文章に添えるだけで贈ることができるサービスです。

個人向けとしては、ギフトですが、法人向けとしては下記の事業を展開しています。

ツイッターなどで、アンケートや抽選でコンビニで使えるギフト(商品と交換できる)が当たる!というイメージのサービスです。

 

ツイッターでよく見る、抽選でギフトがもらえるキャンペーンなど、身近に感じるサービスを展開しています。

 

企業はこのようなサービスを通して、フォロワーを獲得しているのですね。

Webアンケートの報酬や、ポイントサイトの交換景品など相性が良く、これからも発展していく分野です。

 

また、市場動向調査によるとe-ギフト市場はこれからも拡大を続ける予測となっています。

 

2018年度のeギフト市場は1,167億円、2023年度には2,492億円まで拡大すると予測

 

 

IPO銘柄分析

 

  • 純資産額

 

 

 

 

 

 

右肩上がりで、成長傾向ですね。

今後も、SNSブームと共に成長が見込まれます。

 

  • 発行株数

 

発行株数は、5,049,300です。

100株が1単位なので、当選枠は50,493枠です。

当選株数は多い部類になります。

初値・株価は需要と供給で決まりますので、当選はしやすいものの、騰落率は低くなりがちです。

 

  • 吸収金額

IPOでは、吸収金額(株数×公募価格)という指標が使われます

ギフティの吸収金額は、63.12億円想定であり、大型案件となります。

吸収金額が大きい場合、IPOの初値大幅高騰は厳しい傾向になります。

 

ギフティの事業内容に将来性を感じる人は応募しよう

 

情報・通信業といわれる、IPOでは人気が高くつきやすい銘柄です。

ですが、吸収金額は大きいため、初値はそこまで大きく跳ねないと考えられます。

まとめると、

  • これから伸びる分野
  • 業績は右肩上り
  • デメリットは、吸収金額が大きい

 

ツイッター等での当選などの企画に使われるなど、最近身近に使われているシステムですので、将来性を感じます。

ちなみに、私は応募する銘柄です。

 

  • 同時期にIPOの銘柄

 

同時期にIPOする、サイバー・バズは吸収金額は、小さく、SNSを利用した広告業で、将来性も高いです。

ギフティを見送る方は、ぜひ一考してみてください。

また、9/5~申込期間の、Chatwork[チャットワーク]も要チェックです。

少し先になりますが、9/20~申込期間の AI CROSSは、期待度が高いですので、是非確認してみてください。

 

  • おすすめの証券会社

 

ギフティのIPOにおすすめの証券会社は、SBI証券です。

外れたとしても、「IPOチャレンジポイント」が貯まりますので、積み重ねて行くことが可能です。

また、完全平等抽選のマネックス証券もIPO初心者にはオススメです。

 

  • 関連記事

 

SBI証券
IPO取り扱い数No,1
SBI証券[旧イー・トレード証券]
取り扱い数 配分・抽選
88社

(2018年)

70% 平等抽選
30% 「IPOチャレンジポイント」順に配布
2018年のIPO銘柄は95でしたので、SBI証券に登録しておけば、ほとんどの銘柄に応募できます。
また、落選しても、「IPOチャレンジポイント」が貯まります。
貯まった、IPOチャレンジポイントは、狙った企業が上場するときに、使いましょう。
マネックス証券
完全平等抽選で誰にでも当選確率がある



取り扱い数 配分・抽選
50社

(2018年)

100%平等抽選

マネックス証券も幹事数が多い証券会社です。

また、会社によっては、普段の取引が多い人が優先といった抽選方法もありますが、マネックス証券では、平等抽選で投資初心者にも当選確率が有ります

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事