HENNGE[ヘンゲ](4475)のIPO分析【10%の上場企業が既に導入!!】

こんにちは、Yaji(@nisa_from_20s)です。

 

 

2019年10月8日に新規上場が決まっている、「HENNGE[ヘンゲ]」の紹介です。

結論は、オススメ度は高めです。IPOで値上がりしやすい、クラウド分野の新規上場です。

上場までの日程と事業の将来性&業績を解説します。

 

スポンサーリンク

HENNGEのIPO分析

 

 

  • 上場までの日程

9/20~申し込みが始まりますので、忘れないようにしましょう。

10/8日が上場日です。当選後、初値売りする場合は、こちらも忘れずに。

 

9月 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 10月 1 2 3 4 5 6 7 8
申込み期間
当落 購入期間
  上場

 

 

  • 証券会社

 

主幹事は、野村証券です。

オススメは、主幹事である、野村証券とSBI証券です。

SBI証券は、外れたとしても、「IPOチャレンジポイント」が貯まりますので、積み重ねて行くことが可能です。

 

主幹事 野村證券
主な証券会社 SBI証券
マネックス証券
大和証券

 

スポンサーリンク

HENNGEの事業内容と将来性

 

  • HENNGEの事業内容

HENNGEのビジョンは、

「私たちの技術や時代の先端をいく技術を広くお客様に届け、世の中を変えていく。」

事業の内容としては、企業向けに、Saasを提供している企業です。

 

「SaaS」(Software as a Service:「サース」または「サーズ」)とは、ソフトウェアを利用者(クライアント)側に導入するのではなく、提供者(サーバー)側で稼働しているソフトウェアを、インターネット等のネットワーク経由で、利用者がサービスとして利用する状況を指します。

 

ソフトウェアを購入するのでは無く、レンタルして利用するイメージです。

サブスクリプション型のビジネスモデルですね。

 

所有からレンタル利用に移行することで、契約する、企業側にも多くのメリットがあります。

購入コストを抑えることができますし、中小企業であれば、人員の増減に応じて契約数を調整できる点は、従来の「所有」と違い、大きく負担を減らすことが可能です。

 

また、サブスクリプション型のビジネスモデルでは、一度契約をすると、継続的な利用が見込め、安定的な運営が可能な点が魅力です。

 

IPO銘柄分析

 

  • 契約数

 

 

上場企業の約10%が利用しているとの事。

また、契約数も右肩あがりで順調と言えます

この点だけでも、初値が高騰する要因となりそうです。

 

  • 経常利益

 

 

  • 発行株数

 

発行株数は、1,504,200です。

100株が1単位なので、当選枠は15,042です。

当選株数は少し多い部類になります。

初値・株価は需要と供給で決まりますので、当選はしやくいものの、騰落率は少し上昇しづらいです。

 

  • 吸収金額

 

IPOでは、吸収金額(株数×公募価格)という指標が使われます

Chatworkの吸収金額は、約15.6億円想定であり、中型案件となります。

吸収金額が大きい場合、IPOの初値大幅高騰は厳しい傾向になります。

HENNGEはオススメのIPO

 

HENNGEは、オススメのIPO銘柄です。

私も、申込み予定ですが、大幅な高騰は無いものの、安定した利益が出ると期待して購入したいですね。

まとめると

 

  • IPOで跳ねる、クラウド分野
  • 吸収金額は中
  • 上場企業の10%が導入しているというインパクト

 

今期は2017年期と同程度まで落ち込みましたが、上場で知名度が上がれば、

契約数も増えると思われ、今後に期待して申し込みます。

 

  • おすすめの証券会社

 

HENNGEのIPOにおすすめの証券会社は、SBI証券です。

外れたとしても、「IPOチャレンジポイント」が貯まりますので、積み重ねて行くことが可能です。

同時期にIPOのAI CROSSもオススメですので。ぜひ、関連記事を読んでみてくださいね。

 

  • 関連記事

 

SBI証券
IPO取り扱い数No,1
SBI証券[旧イー・トレード証券]
取り扱い数 配分・抽選
88社

(2018年)

70% 平等抽選
30% 「IPOチャレンジポイント」順に配布
2018年のIPO銘柄は95でしたので、SBI証券に登録しておけば、ほとんどの銘柄に応募できます。
また、落選しても、「IPOチャレンジポイント」が貯まります。
貯まった、IPOチャレンジポイントは、狙った企業が上場するときに、使いましょう。
マネックス証券
完全平等抽選で誰にでも当選確率がある



取り扱い数 配分・抽選
50社

(2018年)

100%平等抽選

マネックス証券も幹事数が多い証券会社です。

また、会社によっては、普段の取引が多い人が優先といった抽選方法もありますが、マネックス証券では、平等抽選で投資初心者にも当選確率が有ります

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事