ジュニアNISAを子育て世代が考えてみる【学資保険と比較】

こんにちは、Yaji(@nisa_from_20s)です。

我が家には、0歳の子供がいます。生まれるまでは、「健康に生まれてくれれば、それで良い」と考えていました。

ですが、生まれてからは「将来の教育資金」のことが気がかりで、「この子が幸せに成長するには、一定のお金が必要だ」と考えるようになりました。

この記事を読むと、

  • ジュニアNISA制度が分かります
  • ジュニアNISAと学資保険の違いが分かります
  • あなたにオススメの「教育資金形成」が分かります。

 

スポンサーリンク

ジュニアNISAを子育て世代が考えてみる

 

  • 必要な教育資金

そもそも、必要な教育資金はどのくらいかを把握しておく必要があります。(目標金額)

 

  • 全部公立コース

幼稚園から大学まで公立 : 782.7万円

  •  公立~私立大学文系コース

大学から私立文型 : 930万円

  • 中学私立~私立理系大学コース

中学から私立で大学は私立理系 : 1501万

引用 : ライフプランシミュレーション

 

色々なパターンが考えられますが、1000万前後は掛かると思っておいた方が良さそうですね。。。

 

二人目の子供も欲しいですが、掛かるお金を考えると、少し躊躇ってしまいますね。。

 

  • 貯金だけで貯まるのか

 

一番お金の掛かる大学の教育資金にむけて、貯蓄をする人が多いと思います。(私も、子供の大学進学へ向けての資金を貯めています)

 

目安としては入学~卒業まで

国立 : 240万

私立文系 : 390万

私立理系 : 520万

下宿をする場合は、さらに費用が掛かります。。

(私も地方から東京の国立大学へ進学したので、下宿費&生活費で10万弱掛かっていました。)
こどもが生まれた年から、大学入学までの約18年間で貯金のみで資金を貯める場合、
毎月の貯蓄額

国立 : 1.1万

私立文系 : 1.8万

私立理系 : 2.4万

 

「この額であれば、貯めていけそう」という人も多いのではないでしょうか。
やはり、少しでも早く、「長く細く」資産形成していくことが大切ですね。
スポンサーリンク

ジュニアNISAとは

 

非課税で、株式投資・投資信託を購入することができる制度です。

 

ジュニアNISA
非課税額(年間) 80万円
非課税期間 口座開設から5年間
口座開設可能期間 2023年末まで

 

*投資期間は5年間ですが、その後20歳までは非課税で保有可能です。

通常の投資だと、利益から20.315%の税金が引かれて手元に入りますが、NISAだと税金を引かれずに手元に入ってきます。

貯金だけだと、利息はほとんどつきませんが、投資をすることで、より効率的に「教育資金形成」することが可能です。

 

  • 月2万投資した場合

 

仮に現実的に十分可能性のある、年率3%で運用した場合、

5年間、毎月2万+その後18歳まで非課税で運用

 

毎月2万を5年間+その後、18歳まで保有

元本 : 120万

運用利益 : 約69万

合計 : 189万円

NISAでない場合は、運用利益から 約-14万円されますので、非課税のメリットの凄さが分かります。

最初の5年間の後は、毎月2万を貯金した場合、312万円となりますので、

ジュニアNISAの189万と合わせて、合計501万となりますので、大学進学資金を賄うことが可能になります。

 

  • ジュニアNISAのデメリット

 

原則として、満18歳まで解約ができません。

もしも、解約する場合は、運用資金は課税対象となってしまいます。

 

学資保険との差は

 

学資保険は、死亡時の保障がついていることが多いです。

学資保険は、ジュニアNISAで株式投資するほどのリターンは無いものの、死亡保障がついている貯金というイメージの商品です。

(返礼率が高い!!と広告を打っているものも多いですが、あまり利益がでるとは思わないほうが良い利回りです。

おまけ程度に考えておきましょう)

 

  • 保険屋さんに行くと、必ず勧められる

 

保険屋さんは、あなたのことなどは微塵もかんがえていません。

実際に、子供が生まれたときに窓口へ行きましたが、ジュニアNISAが選択肢にあることさえ説明されませんでした。

保険屋さんは、学資保険に加入してもらえれば、あなたの子供のことなどは、どうでもいいことなのです。

子供のことは、あなたが考えてあげるましょう。

 

結局どっちが良いのか

 

結論は、どっちもしましょう。

と言うのは、余りに横暴なので、一緒に少し考えて見ましょう。

正直、ジュニアNISAを使うメリットは少ないと思っています。

なぜなら、つみたてNISAの制度があるから。(投資期間20年)

Yajiの家では、下記のように教育資金を貯めています。

Yaji : つみたてNISA +学資保険

奥さん : つみたてNISA(教育資金向け)+貯金

 

  • ジュニアNISAがオススメなのは、高収入世帯

 

つみたてNISAの投資枠は3.3万/月です。

夫婦で行った場合、6.6/万が最大の枠です。

しかも、ジュニアNISAの投資期間5年にくらべ20年間の長期の投資期間があります。

その他の違いとしては、つみたてNISAは投資信託のみ。ジュニアNISAは、個別株も購入可能です。

Yaji家では、6.6万+学資保険で1.5万の捻出するので精一杯なので、ジュニアNISAには手を出しません。(実際は奥さんのNISA口座は月2万程度)

また、奥さんの教育資金向けつみたてNISAをジュニアNISAに充てるメリットも特にありませんので、このスタイルで運用しています。

 

ジュニアNISAがオススメな人は、

  • つみたてNISAの枠を使い切っても、投資に回す余裕がある人
  • 個別株に投資したい人

 

考え方としては、

・学資保険で死亡保障

・YajiのつみたてNISAは、住宅資金・老後向けの夫婦向けの投資

・奥さんのつみたてNISAは、こどものための投資+貯金

といったように、資産配分しています。

また、つみたてNISAで投資する銘柄も、子供向けの口座では、リスクが低めのファンドを運用しています。

 

ジュニアNISAまとめ

 

非課税でお得な制度には、間違いありません。ですが、使いこなせるか(入金力の問題)が1つの課題ですね。

収入が多く、貯金に回す資金の占める割合が高い方は検討下さい。

一番大事でなことは、子供のことを考え、奥さんor旦那さんとよく話し合うことをオススメします。

また、1日でも早く動くことが、資産運用にとっては重要になります。

実際に学資保険とつみたてNISAを組み合わせた試算をしましたので、参考に読んでみてください。

 

  • 関連記事

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事