三井住友フィナンシャルグループ(8316)の株を分析【高配当株】

こんにちは、Yaji(@nisa_from_20s)です。

三井住友FG株の解説をします。

  • まずは結論
  • 高配当銘柄 6%付近 (日本株の平均が2%代)
  • 時価総額は銀行業の中でもTOPの大型株
  • 高財務 (PBR 0.33倍 営業利益率 20%) ⇔ 時価総額1位の三菱UFJの営業利益率16%
    スポンサーリンク

    三井住友フィナンシャルグループ(8316)の株を分析【高配当株】

     

     

    • 三井住友フィナンシャルグループのおススメポイント

     

    経営計画の中で、累進的配当政策を打ち出しています。

    累進的配当政策とは
    減配せず、配当維持もしくは増配を実施すること
    日本で、累進的配当政策を公表しているのは4社のみです。株主還元をとても大切にしている企業ですね。
    スポンサーリンク

    配当に関して

    配当はこれまで右肩上がりで、増配を行っています。
    配当性向も30%代であり、減配リスクは低く増配に対しても余裕を残しています。
    配当利回りが5~6%代で購入できたら、あなたのポートフォリオのお宝保有銘柄になることでしょう。

    事業に関して

     

    • グループ企業

    金融系はすべて網羅できているといっても過言ではないでしょう。

    • 三井住友銀行
    • SMBC信託銀行
    • 三井住友ファイナンス&リース
    • SMBC日興証券
    • 三井住友カード
    • 日本総研
    • 三井住友DSアセットマネジメント

     

    銀行・証券・クレジットカード・消費者金融など、お金に関することは何でもやっています。

    金融は、参入障壁が高く、新規参入企業も少ないですので、営業利益率も20%を超えています。

    ライバル企業である、三菱UFJ(銀行業時価総額1位)の営業利益率が、16%ですので、競争率の高さが分かります。

     

    三井住友フィナンシャルグループの将来性

     

    • 事業計画

     

     

    銀行は、ATMの手数料での収入が主というイメージがありますが、今後の事業展開に関しては、AIからブロックチェーンなどデジタル化が銀行業の中でも進んでいきそうです。

    特に銀行と証券+ブロックチェーン・キャッシュレスは相性が良く、今後も生活に根付いたサービスの多角化が続いていくと予想されます。

     

    • 予想リスク

     

    銀行業の今後のリスクは下記が挙げられます。

    ・お金を使わなくなる。(キャッシュレス・仮想通貨)

    現在もキャッシュレスは、普及し始めていますが、同社もキャッシュレス決済には対応しており、今後も伸ばしていく方針から問題ないと考えています。

     

    ・貸出先の倒産

    これは、銀行業としてのリスクですが、貸出先が倒産することのリスクが付きまといます。

    このリスクが常に付きまとうため、高配当が続いております。

     

    三井住友FG株はオススメか

     

    株価が下がったタイミング、配当利回り5~7%で購入できたら長期で保有することをお勧めします。

    そのため、こんな方にお勧め。

     

    • 長期での保有が可能な方(数年単位)

    私も少ないですが、保有しております。配当利回り7%の時に購入できましたので、7年ほど保有すると、投資額の約半分は配当で手に入れることができます。(実際には、税金があります)

     

    • その他配当株と組み合わせたい人

    銀行業ですので、景気には敏感であることに間違いはないです。(企業規模からして、簡単に倒産はしないですが)

    集中投資するのではなく、その他の配当株と合わせて、配当利回りを上げたいときのポートフォリオの一部として考えるのがおすすめです。

     

    • 関連記事

     

     

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事