楽天・全米株式インデックスファンド評価【実質コスト0.334%】

こんにちは、Yaji(@nisa_from_20s)です。

楽天・全米株式インデックスファンドは、米国株に投資する際に最もオススメできるファンドです。

インデックスファンドである、本商品の評価や実質コストを紹介します。

スポンサーリンク

楽天・全米株式インデックスファンドの評価

 

つみたてNISAを始めるにあたって、おすすめのファンドとして上がらないことは無い、楽天・全米株式です。

「これ一本で問題無い」という投資家も多くいます。

楽天証券での、買い付けランキング2位・設定積み立て件数ランキング1位というKing of 信託投資といったファンドです。

経済の中心である、米国全体に投資できるオススメのファンドです。

長期的にみると、これからも安定的に経済成長していく米国全体に投資できる、本ファンドは、投資家達の間でも鉄板の1本です。

 

  • 楽天・全米株式インデックスファンドとは

 

楽天証券が運用するインデックス投資ファンドです。

ファンドの目的は「当ファンドは、米国株式市場の動きをとらえることを目指して、CRSP USトータル・マーケット・インデックス
(円換算ベース)に連動する投資成果を目標として運用を行います。」

要約すると、「米国株式市場の動きに連動する投資成果を目指します」ということです。

ちなみに、IMF(国際通貨基金)等の見通しによると、米国の経済成長は3%には達しないものの、今後も2%強の経済成長率が見込まれています

日本の今後の経済成長率1%程度と予測

経済の中心である、米国に投資するのはとても理にかなっている考え方ですね。
  • 投資先銘柄

 

米国株式への投資を行っていますが、

投資先銘柄数はなんと、3570となっています。

投資可能先銘柄としては殆どの銘柄に投資しています。

つまり、米国の経済成長に準じた恩恵を受けることができると言うことになります。

 

  • 投資先銘柄

 

上位10銘柄 比率
マイクロソフト 3.4%
アップル 2.7%
アマゾン 2.7%
4 フェイスブック 1.5%
バークシャー・ハサウェイ 1.4%
ジョンソン・エンド・ジョンソン 1.3%
JPモルガン・チェース 1.3%
アルファベットA 1.2%
アルファベットC 1.2%
10  エクソンモービル 1.1%
大企業のアップルや、マイクロソフトが組み入れ比率上位となっています。
この投信を買うだけで、今日からあなたもアップルの株主です。
街でiPhoneを使っている人を見かけたら、「我が社の製品をご愛顧頂きありがとうございます」なんて考えることが出来ます。
これは、冗談のようではありますが、実際に株主になるという事は経営に関与してる人間になるということです。
世界が違うように見えるのも、投資の魅力のひとつです。
  • 基本情報

 

純資産 501.07億円
信託報酬 0.1596%
実質運用コスト 0.334%
楽天証券積み立て設定ランキング 2位
2017.9.29に設定されたファンドであり、純資産は十分に潤沢です。信託報酬も全米株に投資するファンドとしては最安水準です。
純資産は右肩上りですね。つみたてNISAの投資先としても人気であり、これからも安定的に純資産は増えていくのは間違いないでしょう。
  • パフォーマンス
パフォーマンス 騰落率
過去1ヶ月 3.3%
過去3ヶ月 1.0%
過去1年 5.2%
設定来 12.1%
設定来の暴騰率は出来すぎですが、今後も5%程度で運用される可能性は十分にあります。つみたてNISA20年間運用する間の平均利回りが5%程度になるという予測で、私は投資先に選んでいます。
スポンサーリンク

米国株式の手数料比較

 

ファンド名 信託報酬 投資先 純資産 つみたて設定件数
楽天・全米株式インデックスファンド 0.162% 約4,000銘柄 501.07億円 2位
eMAXIS S&P 500 0.162% 約500銘柄 247.1億円 3位
iFree S&P 500 0.243% 約500銘柄 77.06億円 26位

 

米国株式に投資するファンドとしては、事実上この3つが選択肢になります。

投資先の銘柄数に差があります。

楽天・全米株式インデックスファンドはオススメです。

 

米国全体に広く投資可能な、本ファンドをポートフォリオに組み入れるのはオススメです。

 

  • 安定したリターンを狙う人におすすめ

 

経済成長率は新興国に比べ落ちますが、世界的大企業の多くは米国であることを考えると、これからも市場は続けていくでしょう。

 

  • 注意点は1つ

 

米国のみのポートフォリオになってしまうので、

投資中級者であれば、日本国個別株

初心者であれば、日本国に投資する投資信託

等を10%程度でも良いので組み入れることをオススメします。

オススメの投資信託は下記記事で紹介しています。

 

関連記事

20代におすすめのポートフォリオを紹介しています。

つみたてNISAで20代におすすめのポートフォリオまとめ
つみたてNISAで20代におすすめのポートフォリオまとめつみたてNISAで20代におすすめのポートフォリオまとめ
2019.7.21
20代におすすめのポートフォリオを知りたいですか?本記事では、4パターンの投資信託の比較を行っています、リスク別で比較できます。 これからつみたてNISAを考えている人にオススメです。...

 

 

まとめ

 

  • 米国株はこれからも成長していく市場
  • 信託報酬は最安水準で純資産は右肩上り
  • つみたてNISAではおすすめの1本

 

これからも成長に期待できる米国に分散投資できるファンドです。
信託報酬も最安で、多くの投資家に支持されている一本です。
米国株のみで不安な方は、日本国株を組み入れましょう。
参考文献
バカでも稼げる 「米国株」高配当投資
米国株投資なんて、スタバでフラペチーノを飲むくらいカンタン!
そんなフレーズでとても読みやすい本です。
米国株の魅力が分かる一冊です。                     

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事