誰でもわかるつみたてNISA(積立NISA)とは【20代からの資産運用】

こんにちは、Yaji(@nisa_from_20s)です。

今日は、若い方や投資初心者の方にお勧めのつみたてNISAを紹介するよ。

最近良く聞くけど、つみたてNISAってなんなの?

国民に貯金を投資に回して欲しいと思って、国が創った税制優遇制度なんだ。
スポンサーリンク

つみたてNISAとは

 

  • 国が作った、元金が少ない人でも資産形成しやすい制度

投資と聞くと、お金持ちやおじさんがやる物でしょ?という人のために「貯金から投資へ」を勧めるために、20181月からスタートした制度です。

通常、投資の利益は20%税金として差し引かれますが、NISA制度を使えば税金は掛かりません。

例えば、10万円の利益が出た場合

税金として本来引かれるぶんの2万円がそのまま自分の利益として受け取ることが出来る、

税制面でとても優遇された制度です。

それだけ国が力を入れていると言うことですね。

  • つみたてNISAはお金が無い人でも始めやすい

そうは言っても、投資なんて100万円~のイメージがありました。しかし、積み立てNISAであれば最低月100~始めることが可能です。

年上限は40万円⇒ 月あたりは\33,333が上限で、現在の生活状況に応じて投資額を決めることが出来ます。

また、非課税期間は20ですので、40万円×20年=800万円が投資元本の最大額となります。

まとめ
  • 非課税期間は20年
  • 投資上限は1年当たり40万円まで

 

スポンサーリンク

試算してみた! いくら増える?

 

実際に投資額とリターンの関係性を確認してみます。


例えば、月3万円積み立てて、平均利回りが3%だっとすると、リターンは\9,849060で、元本から増えている運用収益は265万円だね。

これに税金が20%掛かったとすると、53万円が引かれてしまって265万-53万=212万円になってしまうんだ。

だけど、つみたてNISAの制度を利用すると、53万円が課税されずに自分のお金になるとても税制優遇されている制度なんです!

でも、損する可能性もあるんでしょう?

 

例で利回り3%で計算しているけど、本当にそんな上手くいくの?
結局損しそうで、怖いよ;;

僕も最初は、そう思ってたよ。でも、NISAは国が認めた投資信託しか運用できないようになってるんだ。
長期投資で安定して利回りを出せる銘柄が多いんだよ。
  • つみたてNISAは国が勧める資産形成であるということ

つみたてNISAでは、国が決めた長期投資に適している+基準をクリアしているものしか銘柄がないんです。

・基準とは

  1. 販売手数料(買うときに掛かるお金)は0円
  2. 信託報酬(運用に掛かるお金)は1.5%以下

長期で運用するのに、手数料が高いとそれだけで運用金が減っていますので、この基準は利用者にとってとても有利ですね。

  • 世界経済は発展し続けているという点

テレビをつけると、不景気だ少子化だと暗いニュースが多いですね。

ですが、それは日本に限った話です。経済は、人が働いてお金を稼いで、物を買ってを繰り返し成長していきます。

国連の資料によると、2100年まで世界の人口+米国の人口は増え続けるという試算がされています。

これまでとは違い、緩やかかもしれません。ですが、世界経済は成長し続けるだろうという観点で僕は長期投資ができるつみたてNISAをおすすめしています。

  • 国が認めたプロに運用を任せることが出来る

でも、何に投資すればよいのか分からない・・・という人が多いと思いますが、

積み立てNISAで扱っているのは投資信託です。プロに資産運用を低コストで任せることが出来るというのが利点です。

「しっかりと分散投資されていて、手数料が低くて、運用が安定している」

という基準で選ばれていますので、リスクが過度に高いものは無いです。

実際の運用利回りはどのくらい?

 

 

金融庁が紹介している、NISAのページでもこれまで20年間全世界に分散投資することで年利平均4%で運用できたとレポートされています。

これからも世界経済が発展することを考えれば、今後20年も同程度の年利があっても何も不思議ではないと思いませんか?

投資バランスをかえる(株の割合を増やして、債権を減らす 等)ことでより高利回りでの運用も可能だと思っています。

 

つみたてNISAまとめ
  • NISAは税金の面で大きな優遇を受けることができる
  • 小額からでもスタートでき若い人や余裕は無いが、将来にむけて資産形成したい人におすすめ
  • これからも世界経済は発展する、その成長に投資をしていく制度

お勧めの証券会社を紹介するよ。

参考文献
「つみたてNISAこの8本から選びなさい」
2019/4に発売した最新のつみたてNISAの情報が載っています。
基本的な考え方や、投資信託のおすすめが紹介されています。
初心者から中級者までこれ1冊で全て分かります!

 

  • NISAとつみたてNISAは違う?

 

つみたてNISAのほかにNISAという制度も在ります。あなたに合っているのはどちらか。

つみたてNISAという制度がこれからどうなって行くかを下記記事で紹介しています。

  • ジュニアNISAとは

教育資金つくりで、オススメされるジュニアNISAですが、学資保険と比べてのメリット・デメリットを紹介しています。

ジュニアNISAを子育て世代が考えてみる【学資保険と比較】

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事