株式投資(投資信託)でお金持ちになれるのか【結論:なれません】

こんにちは、Yaji(@nisa_from_20s)です。

投資を始める理由は、人それぞれですが、共通しているのは「お金(資産)を増やしたい」ということでしょう。

資産運用の王道として、インデックス投資が主流です。

経済の市場平均通りに運用益がでる投資法で、「世界の経済は今後も発展していく」という考えで運用されています。

私も、インデックスファンドで、つみたて投資していますが、株や投資信託でお金持ちになれるのか解説します。

 

スポンサーリンク

どこからがお金もち?

 

まず、お金もちとは金融保有額がどのくらいのことを指すのでしょうか。

「野村総合研究所」の調査「純金融資産保有額の階層別にみた保有資産規模と世帯数」によると、下記の階層に別れます。

 

 

ほとんどが、マス層「3000万円以下」に分類されます。

この中で、お金持ちに分類されるのは、富裕層「1億円以上」からと考えられます。

投資(投資信託)で、1億円の資産を作ることができるかを考えます。

 

スポンサーリンク

株式投資(投資信託)でお金持ちになれるのか

 

株式投資でお金持ちになれるのかを試算してみましょう。

100歳でお金持ちになっても仕方ない気がするので、運用期間は20年として計算します。

インデックスファンドで、リスクを抑えつつ、期待できるリターンは安全目に計算するとして、3~5%で試算します。

 

運用期間 20年
毎月の投資額 3万円
20年後の元本 7,200,000
利回り3%で運用できた場合 9,849,060円
利回り5%で運用できた場合 12,331,010円

 

一億円には、遠く及ばないですし、マス層を抜け出すことも出来なさそうです。

 

  • 富裕層(保有資産1億円)以上になるには

 

やはり、リスクを抑えたインデックス投資のみでは、富裕層になることは、かなり厳しいことが分かりました。

二つの条件で富裕層になるための条件を試算します。

  1. 入金力を上げる
  2. リターンを大きく狙う

 

  • 入金力をあげる

 

一億円に到達するための入金力は下記になります。

 

運用期間 20年
毎月の投資額 28万円
20年後の元本 60,000,000円
利回り5%で運用できた場合 102,758,417円

 

利回り5%で20年間、毎月28万円を積立投資することで、「1億円」を達成することが出来ます。

一般のサラリーマンには、厳しい入金額です。

 

  • リターンを大きく狙う

 

一億円に到達するための必要利回りは下記になります。

 

運用期間 20年
毎月の投資額 3万円
20年後の元本 60,000,000円
利回り21%で運用できた場合 108,526,805円

 

世界一の投資家「ウォーレン・バフェット」の年平均リターンは22.6%といわれています。

世界一と同等の利回りを実現できるなら、富裕層の仲間入りできます。

インデックス投資の平均利回りが、6~7%であることから、21%はかなりのリスクを取って個別株へ投資する必要があります。

また、20年間その利回りをキープすることは、実質不可能であるといえます。

 

あれ、富裕層になれない

 

富裕層になるには、圧倒的な入金力か圧倒的なパフォーマンスが必要です。

  • 毎月28万円投資する(利回り5%)
  • 平均利回り21%で運用する(毎月3万)

 

余りにも両極端なので、折衷案を考えると、

 

運用期間 20年
毎月の投資額 17万円
20年後の元本 40,800,000円
利回り8%で運用できた場合 100,133,471円

 

間をとっても、かなり厳しいことが分かります。

 

入金力と利回りだけでは、お金持ちになれない

 

入金力も、パフォーマンスも重要ですが、運用期間も重要になります。

 

運用期間 35年
毎月の投資額 7.1万円
20年後の元本 29,820,000円
利回り6%で運用できた場合 101,154,431円

 

少しだけ現実味がでてきた(?)気がします。

富裕層を目指すには、最低限このくらいの運用が必要になります。

 

自分でコントロールできるのは

 

「入金力・利回り・運用期間」

この3つのうち、利回りは、世界の情勢や企業の不祥事など、個人では対処しきれない部分も多いです。

運用期間は、持ち続けることで達成可能です。

個人で努力できる部分は、入金力の部分だと思います。

 

  • 入金力をあげるには

 

本業での給料を上げるのは、至難の業です。わずかに昇給していくのが関の山でしょう。

今の収入に副業で、投資額を上げる為の収入を増やすのが、一番の近道でしょう。

副業で月3万でも稼ぐことが出来れば、年収+36万円です。

「そんなもんか。。」と思うかもしれませんが、来年から月収が+3万にはおそらくならないことを考えると、大きな収入であることにまちがいはありません。

 

まとめ:富裕層になることは、難しいけど

 

今回の試算で、富裕層になることはかなり難しいことが分かりました。

ですが、投資を行うことで、あなたの人生が豊かになるであろうことは間違いありません(金銭的に)

投資や副業を通して、お金に困ることがないように備えておくことが、大切です。

ですが、普通のサラリーマンでも下記を行うだけで、老後2000万円問題に対して解答を得ることが出来ます。

運用期間 20年
毎月の投資額 3.3万円
20年後の元本 7,920,000円
利回り6%で運用できた場合 15,247,350円

 

つみたてNISAで20年間運用した場合の試算です。

老後2000万円が叫ばれる中、毎月3.3万をつみたて投資していくことで、その大部分をクリアすることができます。

身もふたも無いですが、富裕層でなくとも、お金に困らない生活は送ることが出来ます。

ぜひ、自助努力で、あなたの人生を豊かにしてください。

 

  • 関連記事
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事