SBI・バンガード・S&P500インデックスファンドに乗り換えるべき?

こんにちは、Yaji(@nisa_from_20s)です。

話題の、SBI・バンガード・S&P500インデックスファンドの解説です。

この記事がオススメなのは、

  • SBI・バンガード・S&P500インデックスファンドの詳細を知りたい人。
  • 今の投資信託から乗り換える必要があるか悩んでいる人

 

正式につみたてNISA銘柄に登録されました。(9/12追記)

(追記)

 

スポンサーリンク

SBI・バンガード・S&P500インデックスファンドに乗り換えるべき?

 

  • 結論:当面は見送り

 

結論として、私は当面は見送ることにしました。

理由としては、

  • eMAXIS slim 米国株式(S&P500)と信託報酬の差は、わずかである。
  • eMAXIS slim は業界最低水準の運用コストをめざすと公言しており、追随に期待できる

 

以上の2点から、しばらく様子見を決めました。

詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

eMAXIS slim 米国株式(S&P500)と信託報酬の差は、わずか0.069%である。

 

類似の投資先(と言うか同じ)ファンドに、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)がありますので、比較しましょう。

 

SBI・バンガード eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
信託報酬 年0.09264% 年0.162%
純資産 - 245.07億円
つみたてNISA 今後対応 対応
投資先 米国代表500企業

 

差は、信託報酬のみと考えて良いくらい同じ内容です。

また、SBI・バンガードもつみたてNISAの要件を満たしているので、すぐにつみたてNISAで購入可能になると考えています。

 

  • 投資信託は、手数料が安い方が良いって言ったじゃん!!!

 

多くの投資家(私含め)は、同じ投資先のインデックスファンドであれば、資信託は安い方が良い!!」と声を大にして言っています。

これは、間違いありません。信託報酬が0.5%差があると、20年など長期で運用した場合、数十万もの差が出てしまいます。

ですが、0.06%という極わずかな差であれば、20年で数千円程度と思われますので、これだけの差で乗り換えていたら、

せっかく、つみたてNISAでほったらかし投資しているのに、0.0X%安い銘柄が出てきたからといって乗り換えていたら、20年の間に何度も、乗り換えしていくことになります。

特にここ数年では、競争が激しく各社値下げを何度も行っているので、わずかの差で乗り換えていると、つみたてNISAの長所の「ほったらかし」ができなくなります。

 

 

特に、eMAXIS slimシリーズは、他社が引き下げを発表すると、追随してきた実績があります。

  • 関連記事

今後も引き下げをしていくことが、予想されます。

現在、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)に投資している人は、無理に移行せずしばらくは様子見をオススメします。

どうしても乗り換えを考える場合は、

  • 純資産が一定水準に増えていること

の確認ができてからが無難です。(償還リスク)

 

まとめ eMAXIS Slim米国株式(S&P500)のライバルが出てきた点はメリット

 

これまで、S&P500に投資するつみたてNISA銘柄は、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)で決まりという風潮でしうたが、今回、SBI・バンガードという、ライバルが出てきたことで、価格競争が起きるであろう事が、最大のメリットです。

個人投資家である、我々にとってはメリットしかないことなので、良いニュースでした。

ですが、すぐに乗り換えするほどの差ではないという結論です。

  • 関連記事

 

楽天証券
積み立て投資でポイントを貯めて、再投資しよう
楽天証券では、投資をしながらお得にポイントを貯めることができます。
つみたてNISAでも、ポイントが貯まりますので、投資初心者が一番最初に開設すべき証券口座です。
    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事