【4月権利確定】おすすめの優待株を解説【2020年最新】

こんにちは、Yaji(@nisa_from_20s)です。

4月が権利確定かつ優待&優良の銘柄を紹介します。

4月は決算銘柄は少ないものの、特におすすめのものを紹介します。

以下の基準で選んでいます。

  • 取得価格が40万円以下
  • 財務優良

それでは、4月の優待株をどうぞ!!

スポンサーリンク

【2020年最新】おすすめの優待株5銘柄【4月権利確定】

 

ビューティーガレージは、成長株としてもオススメの銘柄です。

伊藤園第1種優先株式は、議決権がない代わりに割安&配当upで買える株です。

 

銘柄名 取得額(円) 優待利回り(目安 円) 年間配当(円) 優待+配当利回り(%)
ビューティガレージ 129,600 4,000(1年以上保有) 1,000 3.86
伊藤園第1種優先株式 203,000 5,000 1,500 2.52

 

 

スポンサーリンク

ビューティガレージ

 

 

 

 

 

生活必需品ですので、貰って損はありません。

唯一のデメリットは保有1年以上で優待が貰えます。

①レッドオレンジシャンプー 250ml【カラーケア】(×1本)
②パールシャンプー 250ml【ダメージケア】(×1本)
③アプリコットシャンプー 250ml【モイスチャーケア】(×1本)
④エクストリームコンディショナー 250ml(×2本)
⑤クリームプラスマスク 250ml(×1本)
合計希望小売価格 4,000円相当

 

  • 成長株としての魅力

 

私は、四季報を読んでいて、優待株としてではなく、成長株としてビューティーガレージを知りました。

 

 

見事なまでに右肩上がりの売上高、経常利益です。

業種としては、小売りです。理美容商材を美容院向けに卸しています。

 

 

 

私が、この銘柄が好きな理由は、

「不景気でも人は髪を切りに美容院に行く」

からです。(一定程度の客足減はもちろんあると思います)

コロナショック等の影響は、小売りの中では受けづらく、さらに美容材料業界のECは、ニッチな業界で独占状態にあるためです。

これまで、ディーラーと美容院の既得権益であったこの業界にECサイトとして、安く手軽に商品を手に入れることができるようにしました。

さらに、この業界は将来性があることが次ことからも分かります。

アマゾン、日本で美容室向けEC構築を美容ディーラーに打診

アマゾンがこの業界が儲かることに目をつけて、参入を狙っています。

あれ、アマゾンにつぶされるんじゃないの?」といった疑問がでてきますが、私は当面はその心配はないと考えています。

なぜならば、アマゾンはディーラーから商品を仕入れるとしています。(おそらく、メーカー直販の契約は上手くいっていない)

 

つまり、以下の図式でお客に届きます。

アマゾン

「メーカー」⇒「ディーラー」⇒「アマゾン」⇒「美容院」

ビューティーガレージ

「メーカー」⇒「ビューティーガレージ」⇒「美容院」

メーカー直販のハードルは高く、手数料が二度取りとなり、商品に上乗せされることを意味します。

アマゾンはディーラーの手数料を引き下げさせる必要がありますが、その場合ディーラのうまみは少なく、アマゾンへは参入しないでしょう。

以上の理由で、しばらくはビューティーガレージの優位性は続いていくと考えています。

むしろ、この業界の将来性が証明されたと思っています。

  • 成長性もあり、優待もあるピカピカ光るお宝銘柄

 

私は、長期で保有することを決めているお気に入りの銘柄です。

 

伊藤園第1種優先株式

 

 

本銘柄は伊藤園(2593)の優先株式です。

優先株式とは、株主総会での議決権がない代わりに配当が多い銘柄のことです。

議決権が必要ない方には、こちらの優先株の方が圧倒的におススメです。

 

銘柄名 取得額(円) 優待利回り(目安 円) 年間配当(円) 優待+配当利回り(%)
伊藤園第1種優先株式 203,000 1500 5000 2.52
伊藤園 566,000 1500 4000 0.98

 

取得単価が大きく違い、利回りとしては大きな差があります。

貰える優待も同じですので、優待&配当が欲しい方はこちらの優先株を保有しましょう。

 

優先株とは
議決権がない代わりに、配当が多くもらえる銘柄。
企業としては、経営の自由度を保ちつつ資金調達ができるメリットがある。
株主としては、もし会社が倒産しても優先株の持ち主に優先的に配当が配られるメリットがある。

 

  • 貰える優待

 

 

1,500円相当の製品を貰えます。

お茶や野菜ジュースなど、日々消耗するものですので、消費には困りませんね。

そして、不景気でも売れる商品ですので、収益は比較的安定しています。

 

大きく成長している企業ではありませんが、売り上げと株価ともに緩やかな変化が特徴の銘柄ですので、長期保有がおすすめです。

4月優待銘柄まとめ

 

どうだったでしょうか。

優待株は、一度保有したら長期で持つ方が多いと思いますし、保有年数で利回りが上昇するものも多いのでおススメです。

ですので、購入の際はよく吟味して購入されることをお勧めします。

優待であなたの生活をより豊かにしてください。

 

  • 関連記事

【2020年最新】おすすめの高配当株5銘柄【3月権利確定】

三井住友フィナンシャルグループ(8316)の株を分析【高配当株】

【3月権利確定】おすすめの優待株5銘柄【2020年最新】

 

楽天証券
積み立て投資でポイントを貯めて、再投資しよう
楽天証券では、投資をしながらお得にポイントを貯めることができます。
つみたてNISAでも、ポイントが貯まりますので、投資初心者が一番最初に開設すべき証券口座です。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事